Senior’s Voice

先輩社員の声

.First

再挑戦の勇気をくれる男に出会った。
2014年入社 方波見(かたばみ)

男とは社長です。

男とは、社長です。転職が多く劣等感だらけの僕に、再挑戦の勇気をくれました。面接で「過去はどうでもいい。やる気があれば変われる。オレ自身落ちこぼれだった」と。口下手だけど、言葉に嘘や迷いがない潔い人でした。

僕はダメな人間

“僕はダメな人間。いちから頑張ります”。初出社の日、僕はそう自己紹介しました。数ヵ月後、社長が言いました。「お前は入社初日に、虚勢をはらず弱さをさらけ出した。その強さがあれば伸びる」と。「お前のいいところはそこだけだ」と(笑)。

.First

再挑戦の勇気をくれる男に出会った。
2014年入社 方波見(かたばみ)

社長が一番働く会社

社長が決めた今期の事業方針は、「社長が一番働く会社」です。自分にプレッシャーをかけたそうです。事実、社長は僕らと同じフィールドに立ってチームを引っ張る人です。一番働き、疲れやイライラを見せず、いつもエネルギッシュ。毎日一人ひとりに声をかけます。

団結力の源は社長

一人でのし上がってきたからか、他人を孤独に追いやることができない人です。僕は孤独を感じたことはありません。団結力の源は社長です。僕は今、何でもできる気がしています。

.First

左:五十嵐 2015年4月入社
右:吹抜 2015年4月入社

入社の理由と当時の目標

五:純粋にこの会社でこの社員さんたちと働きたいと思ったから。目標は同期の中で一番に契約を挙げる 今・頼りにされる人間になる。
吹:社長との最終面接で他社と違い、初めて緊張しなかった。目標は自分自身を成長させる。

この仕事をしていく上で良かったこと、大変だったこと

五:出不精が治って休みの日でも外に出て行くようになった。
「物件は巡り合い」と言うことがうまく伝わらず、対応が遅くなりお客様を怒らせてしまった。
吹:友達に「変わったね、明るくなったね」と言われた。
お客様とうまく意思疎通ができなかったこと。

.First

左:五十嵐 2015年4月入社
右:吹抜 2015年4月入社

社員さん同士仲のいい職場です。

五:仲良いです(笑)イベントも多いので毎回イベント後はデータフォルダに写真が増え、写真を見返すと本当に楽しんでいたのだな、と思います。
吹:仕事のときはしっかり仕事をし、遊ぶときは役職関係なく楽しむ社員ばかりです。

今後入社してくる皆さんへ向けて

五:仕事自体は大変なことも多々ありますが、何事もやってみなければ分かりません。自分自身を成長させるためにも一緒に頑張りましょう。
吹:私たちも先輩になります。今までとは違い、教えてもらっていた立場から教える立場になることでまた一つ成長ができるように皆さんと共に頑張っていきます。